負けることから始める、真の勝利への道

40代の仕事・転職

仕事には2種類に分けられます
自分で価値を産み出し収入を得る仕事と、誰かに奉仕してその人、または組織から収入を得る方法です。
前者は独立した自営業や社長業、手に職を持つ職人などが該当し、後者の代表は会社員です。

前者がよいとか後者が悪いというわけではなく、40代という人生の節目において、この先20年続けて行ける仕事なのか?を今判断する必要があるのではないかと問いたいのです。

よく耳にするのがやりたいことが見つからない、やりたい仕事が無いという人。
でもやりたい事が最初から見つかっている人などそうはいません。
そう言う人は3歳~10歳以内に道を定め、40代の頃にはその道の達人に達しいています。

逆に30代や40代でそのような事を言う人は典型的な会社員タイプなので、自分の分の長所を磨いて組織の中でどのように輝くか?!を検討する方がよいでしょう。

私はもともとサラリーマンが苦手でしたので、30代前半で独立、その後もずっと自営業です。
しかし自営業でサラリーマンと同じ年収を得るためには4倍の収入が無いと成り立ちませんから、売上で2000円稼いでも残る手取りは500万円前後となります。

日本は典型的な大企業優位国、その大企業に勤めるサラリーマン有利国です。
もし特に不満がないなら、今の組織で輝く方法を検討する方がよいでしょう。

しかし、昔との大きな違いは株主が分散しモノ言う株主になっている点です。
そのため利益を上げる必要があり、できる社員とできない社員との格差が広がります。
上司は成績を上げるため成績の悪い部下を容赦なく切り捨てる時代です。
そのため、会社の中にいながらにして自営業に近い独自性を追求することが必要になるわけです。

40代の転職ともなると道は険しくなります。
この世代で履歴書を書いて会社訪問しているようではもはや手遅れでしょう。
40代の転職とはズバリ、ヘッドハンティングか、取引先の企業からの引き抜きのどちらかです。
ためしに人材紹介会社に登録してみるとよいでしょう、今より年収が上がるケースは希で、もし上がるとしても、短期契約や即戦力を求められます。