負けることから始める、真の勝利への道

40代のファッション

最近の女性は非常に綺麗になりました。
これは化粧技術の向上もあれば、アパレルやヘアケア関連企業の努力によって、より安価で優れた製品が登場し続けていることも関与しているでしょう。

しかし男性は未だやぼったい方が多く散見されます。

ここにも経済的格差が存在しますが「自分の年齢×10万円のスーツ、またはジャケットを着るように」
私の元上司のアドバイスはそのようなものでした。
単に見栄を張るわけではなく、外見は対人関係や信用度に影響することを伝えたかったのだと思います。

たしかに良いものを着用すると自信が湧いてくるから不思議です。

しかし最近はファストファッションが流行り、これが個性を奪い、また使い捨て文化に拍車をかけています。
一部の富裕層は超高級ブランドで全身を固める一方、平均以下の階層では皆同じような服装。

どこかの映画で見たことがあるようなシーンが生まれてしまうわけです。

女性の場合にはデザインが多様ですので、それなりのおしゃれが可能ですが、男性の場合にはデザインの幅がそれほどあるわけではないので、素材感が重要になります。
本当によいものは一目見ればわかるものだし、触ればだれでもわかります。

まったく同じデザインでも、高級な素材や手間をかけた逸品は、どこか醸し出す雰囲気が違うものです。

対人関係をアップグレードしたり、自分自身の流れを変えたい場合にはまず服装から変えてみる必要もあるかもしれません。
女性なら、1足10万円以上のものを5足は最低でも欲しいところだし、ここ一番できてゆくドレスやスーツも4着~5着は欲しいところです。

男性の場合には、高級ホテルやグランメゾンに出かけても恥ずかしく無い程度のジャケットやスーツは最低でも3着は欲しいところです。
加えて靴も女性と同じく10万円以上のものを5足以上は揃えたいところ。

ホテルのスタッフやレストランのメートルは男性の身だしなみから判断しておすすめのワインやアラカルトを進めてきます。
おしゃれは自分のためではなく、相手の方のためと思い、投資する必要があると思います。