負けることから始める、真の勝利への道

苦難は心を育て、ゆとりは能力を磨く


踏まれることで強くなる雑草のように。
この世界を構成する大きなルール、宇宙の羅針盤とも言えるのでしょうか。
それは、強弱、表皮、高低のように、常に上昇と下降を繰り返しながら波を打ち、全体的に見れば進化という終わりのないゴールへ進むようなものだと思います。

たとえば踏まれることで強くなる雑草も、踏まれた直後は弱り、もうこのまま枯れてしまうのか?と思うほどになりますが、その後みごとに強くなり、以前の衝撃や踏まれた強さにも耐えられるような力を手に入れます。
もちろんその過程で、実際に枯れてしまうものもあるでしょう。
しかし、残った雑草はさらに強くなり、後世に強い自分の遺伝子を残して進化してゆきます。

人間も同様です。
人類が何のために宇宙空間に誕生させられたのか?という話は、宗教家に意見を譲りたいが、様々な困難を乗り越えることで私たちは強くなっている。
指が誕生した理由は数億年前、私たちの先祖が海で生活をしている際に、海の中で頂点に君臨していた魚から身を守るために浅瀬に移動し、そこで落ち葉をかき分けているうちに進化したといわれています。
また、眼が進化したのは地上にいる大型生物を避けた人類が、樹冠で生活を続ける際に、木々を飛び移ったり、新芽を食べる際に有利とされるからだといわれている。

つまり、進化という大きな飛躍には、必ずその背景に今までの習慣や常識、テクニックでは対応できないような負荷があるだ。

そして、負荷は、極大に大きなものでなくても、小さな負荷があれば能力は開花すると思われる節がある。
たとえば、スポーツ分野でいえば、筋肉のトレーニングがそれにあたるだろう。
強く負荷をかけ続ければ、筋肉は徐々に進化するし、マラソンも走り続ければ持久力があがる。

そして、これは精神的な心の強さにも言えるのだ。
たとえば、失恋、仕事へのプレッシャー、借金の返済など。
これらの状況に追い込まれると、人間の能力は確実に高まる。
心はやさしく、強く、たくましくなるのだと思う。

今、なんらかの負荷や不安があなたを襲っているならば、それは未来のあなたにとって必ず大きな意味をもつ試練です。
運命はあなたに何かを伝えようとしています。
目をそむけず、しっかり見据えて見てください、そこには輝く未来へ続く細いかもしれないが、確かなヒントが隠れているのです。